たちまち。

即席で役に立つこと。

IM(OPRO) X-Serverで異なるURLからPDFダウンロードできるようにする方法

 

IM X-ServerでPDFを生成しダウンロードする場合、以下のようなURLにリクエストを送信する。

 

http://xxx.xxx/cgi-bin/odcaw2_cgi.exe?DO=ex&OP=dl&FM=p&TP=t1&ES=odds

 

このリクエストパラメタ「OP=dl」で投げると、X-Serverはテンプレートに応じたPDFファイルを生成し、PDFファイルのパスを返す。

そのPDFファイルのパスは、X-Serverの設定ファイルODCAW.xmlのODDSの設定にされているURLに基づいて返される。

 

<ODDS>

~~~

  <PATH>

~~~

    <OUT_FILE delete="NO" ttl="15" unit="mins">
      <LOCAL>D:\OPRO\odds_out</LOCAL>

      <URL>http://xxx.xxx/odds_out/

    </OUT_FILE>

 

このURLを絶対パスで指定してしまうと、例えばhttp,httpsそれぞれでアクセスする場合や、ドメイン名が異なる場合などに正しくURLを返すことができない。

 

そこで、URLに相対パスを指定することでこれを解決できる。

以下は今回の場合の例。

 

<URL>../odds_out/</URL>

 

※ファイルパスの位置関係を見て正しく設定すること