たちまち。

即席で役に立つこと。

ブラウザ(Chrome)でDynamicsCRMのJavaScriptをデバッグする

 

ChromeのF12 - 開発者ツールを使えば、実行されるJavaScriptデバッグできる。

DynamicsCRMの場合はどうやるのか簡単にメモ。

1. 確認したいページでF12キーを押して開発者ツールを起動
2. ツール内の「Sources」タブを開く
3. 左ペインから目的のhtmlまたはjsを探す

配置しているWebリソースは以下にある。

top > ドメイン名 > contentIFrame0 > WebResource_*** の配下

フォームで読み込んでいるスクリプトは以下にある。

top > ドメイン名 > contentIFrame0 > customScriptsFrame > 組織名 > {番号}/WebResources/*** の配下

4. 対象のソースを開いてから、対象行番号をクリックしてブレークポイントを張ってやればOK。

ブレークポイントで停止させた後は、右ペインのScopeから変数を見ることができる。