たちまち。

即席で役に立つこと。

においクルルンポイと消臭袋BOSのコスパ比較

 

我が家には一歳児がいるのですが、おむつのゴミというのは毎日たくさん出ます。

 

最近は紙おむつで楽とはいえ、そのゴミをどこに捨てておくかというのは課題の一つ。

 

最初は、譲り受けた「におい・クルルンポイ」というコンビの紙おむつ処理ポットを使っていました。(最新のはポイテックという名前みたいですね)

 

この製品はカセット式になっており、カセットの袋がなくなると別のカセットに交換する仕組みになっています。

このカセットが3個で3,000円くらい、つまり1個1,000円程度と結構高い

処理は簡単ですが、においも完全にシャットアウトできるわけではありません。

 

 そこで、消臭袋BOSに詰めた方が安いのではないか?ということで比較をしました。

 

比較結果

 

・クルルンポイ 6.7円/おむつ1回

 

クルルンポイは、カセット3個でだいたい3カ月(90日)くらいの消費ペースでした

平均して1日5回くらいおむつを替えるので、90日×5回=450回分あるとして、3000円÷450回=6.666...で、おむつ1回約6.7円です。

 

・消臭袋BOS(SSサイズ) 7.5円/おむつ1回

 

消臭袋BOSのSSサイズは200枚入って約1,500円。ただ、小さくておむつは1個しか入りませんので、1500円÷200回=7.5となり、おむつ1回約7.5円です。

 

・消臭袋BOS(Mサイズ) 3.7円/おむつ1回(※1袋に3個入れた場合)

 

消臭袋BOSのMサイズは90枚入って約1,000円。おむつを1個だけ入れた場合は割高ですが、3個くらいは入ります。そうすると1000円÷270回=3.7円となります。

 

結論

 

消臭袋BOSのMサイズにおむつを3個入れて捨てるのが最もコスパが良い。

 

クルルンポイに比べると半額近くになります。 

 

ウチの場合は消臭袋BOSのSSサイズも購入しており、1つで縛っておきたい大物などをこちらに入れています。

 

消臭袋BOSの消臭効果は本当に凄く、縛っておけばにおいは気になりません。袋を開いて縛る手間はありますが、クルルンポイよりも臭いの面で良くなり、捨てる時も楽になりました。

 

クルルンポイ(ポイテック)をご利用の方は、消臭袋BOSも検討することをオススメしたいです。