たちまち。

即席で役に立つこと。

AccelPlatformでwar入れ替え時の再デプロイ判定をどこでしているか

 

intra-mart AccelPlatformにてwarファイルを入れ替える際、warファイルを差し替えて再起動すれば変更があったとみなされ、再デプロイされる。

 

しかし今回、warファイルを入れ替えていないのに再デプロイされてしまい困った、ということがあった。この再デプロイ判定はどこで行われているのだろうか。

 

再デプロイ判定には以下のファイルが絡んでいることがわかった。

 

展開ディレクトリ直下のMETA-INF/resin.application-hash

 

例えば、デプロイ後にこのファイルを誤って消したり、古いファイルに差し替えたりしてしまうと、配置済みのwarで再デプロイが行われてしまう。

warの入れ替え時に差分ファイルを再適用する場合などは注意したい。